NEWS詳細

2020年12月28日(月) | 社会貢献活動

社会活動ニュース「障害児通所支援事業『児童発達支援いのちのたね』の事業指定認可を頂きました!」

吉川運輸株式会社・大阪運輸株式会社は、年間1万人を超えるボランティア活動・社会貢献活動を支援しています。

弊社がサポートしております大塔ライフハウスの取り組みをご紹介いたします。

大塔ライフハウスの公式サイトが
6月1日にオープンいたしました!ぜひこちらも御覧ください。

 
大塔ライフハウス
南田様より
障害児通所支援事業「児童発達支援命のたね」の事業認定許可を頂きました!

吉川ロジスティクスグループのみなさま

いつもお世話になっております。大塔ライフハウスの南田です。
平素は弊法人をご支援いただき、誠にありがとうございます。

多くの方々のご協力を頂きながら、大塔ライフハウスの柱の一つである障害児通所支援事業『児童発達支援いのちのたね』が無事に事業指定認可を頂き、ようやくスタート地点に立つことが出来ました。
これからの活動を通じ沢山の方々へのサポートをさせて頂くと共に、大塔地域の力となれるよう、職員一同気を引き締めていきたいと考えています。

さて、『児童発達支援いのちのたね』の本格始動を前に、職員全員で一般社団法人どすこいが運営されている『どすこい王寺町部屋』にて実地研修をさせて頂きました。

どすこいでは、大阪府・奈良県にて3か所の事業所を運営しておられ、課外活動をメインとしたその独自の療育方法により、多くの子ども達の心や体の支援を実施しておられます。
我々大塔ライフハウスにおいても、どすこいで実施しておられる支援内容のエッセンスを取り入れ、より幅広いサポートが出来ることを目指しております。

我々が第一に取り入れていきたいと考えているのは、自然環境を存分に活かした支援の実践です。モノが溢れる現代社会に生きる子ども達は、自分たちで考案せずとも手を伸ばせば何でも手に入れることが出来ます。便利であることは、生きる上で重要であるかもしれません。しかしあえて便利ではない環境で過ごすことで、「どうやって作ろう?」「どのように使おう?」という発想力を鍛え、「使い方をどうやって友達に伝えよう?」という相手を思いやる気持ちを育み、「自分にはこんな力があった!」と新たな自分に出会う機会を設け、社会で生きていくために必要な「自分らしさ」や「自身の強み」を見つけて貰えれば、と考えています。

多様性が求められる社会で、子ども達が胸を張って社会へ出ていけるよう、その礎作りの力となることが我々の使命と考えています。
 



>> 大塔ライフハウス ホームページ
>> 大塔ライフハウス Facebook
>> 吉川ロジスティクスグループの社会活動への取り組み