リクルートメッセージ

One of the Asia.

これからの港湾物流業界では、「ワン・オブ・ジ・アジア」という概念で、アジア圏をひとつの市場として捉えることができるグローバルな発想が必要です。そのうえで、問題が発生したときに正面から対処し、一歩前へ出ることができる高いモチベーション、次の百年へ向けて次世代を育成することができる力を兼ね備えた人が求められています。

と人が繋がって行かなければ。

大阪運輸では、港湾物流業界は労働集約型産業であると考えています。労働集約型産業である以上、最終的には人と人が繋がって行かなければ、なにも成し遂げることができないのです。そして、人と人が繋がって行くためには、仕事ができる人であることはもちろんですが、人を大切に思う心をもつ誰からも愛される人でなくてはなりません。

間力の豊かな人に成長しておいて欲しい。

そのためには、いまのうちに様々な経験を通して、異なる年代の方々と出会うことで、人間としての幅を広げておいていただきたいのです。大阪運輸では、これから働こうとする人たちに、なにか特別なことを望んでいるのではありません。
学生時代にしかできないことに力を注いでいただき、人間力の豊かな人に成長しておいて欲しいのです。

Global Logistics Company

大阪運輸は、1970年の設立から40年以上。港湾荷役事業と一般貨物運送事業を組み合わせた、海と陸とを繋ぐ総合港湾物流事業に取り組んできました。様々な商品の製造拠点が中国をはじめアジアに移行して行く現在、お客様の生産活動や物流体制にもグローバル化が必要不可欠になります。私たち大阪運輸は、国際戦略港湾である阪神港の一翼を担う企業として、これからの時代に求められる「Global Logistics Company」を、あなたたちと共に目指したいと思います。

大阪運輸株式会社
代表取締役専務 西谷 敬三